用語集

 

  • イーサリアム

ブロックチェーンの種類の一つを言います。ビットコインに次ぐ規模を持つブロックチェーンです。このイーサリアムから、仮想通貨Ether(イーサ)や、様々な「トークン」が生成されます。

  • イーサリアム・アドレス

ブロックチェーン「イーサリアム」から生成される仮想通貨Ether(イーサ)や、各種トークンの管理場所を表すための、"0x"から始まる42ケタの英数字から成る文字列です。銀行における銀行口座のようなイメージのものです。

  • ウェブブラウザ

インターネットを使うためのソフトウェアのことをいいます。
マイクロソフトが提供する"Internet Explorer(インターネットエクスプローラー)"および"Edge(エッジ)"、 グーグルが提供する"Chrome(クローム)"、モジラという財団が提供する"Firefox(ファイアーフォックス)", ノルウェーの会社が提供する"Opera(オペラ)"、そしてアップルが提供する"Safari(サファリ)"などがあります。
Token Express System (TES)では、Chromeをお使いください。

  • ブラウザ・ウォレット

ブロックチェーン「イーサリアム」から生成される仮想通貨Ether(イーサ)や、各種トークンを管理するためのアプリケーションのうち、ウェブブラウザの機能を持つもののことを言います。MetaMaskは、ブラウザ・ウォレットのうちの一つです。

  • ニーモニック・コード

本来は人が識別しにくいようなコードを、人が識別しやすいように加工されたコードのことを言います。イーサリアムを取り扱うウォレットにおいては、「秘密鍵」と呼ばれる極めて重要なコードを、ニーモニックコード(表意コード)で表し管理します。

  • Gas(ガス)

ブロックチェーン「イーサリアム」において、仮想通貨Ether(イーサ)や各種トークンの送信においては、いわゆる「手数料」を支払う必要があります。その手数料も仮想通貨Etherで支払われますが、その手数料のことをGasと言います。

  • MetaMask(メタマスク)

ブロックチェーン「イーサリアム」から生成される仮想通貨Ether(イーサ)や、各種トークンを管理するためのアプリケーションです。
財布のような役割なので「ウォレット」アプリと呼ばれます。