β版ご提供中!

仮想通貨・ERCトークンの受け渡しをもっと人にやさしく!もっと安全に!
仮想通貨を通じたコミュニケーションを可能にするWebアプリ 、Token Express System (TES)

ご利用にはGoogle Chrome, MetaMaskが必要です。ご利用前にインストールをお願いします。

  1. ウェブブラウザ Chromeのインストール(Google公式サポートサイトへ)
  2. Chromeのウォレット機能MetaMaskプラグイン入手(Chrome公式ウェブストアへ)

上記1., 2.の詳細についてわからない場合は、「よくあるご質問」ページをご覧ください。

MetaMaskの準備ができたら「新規アカウント作成」ボタンから始めましょう!
新規アカウント作成

すでにアカウントをお持ちの方は、以下のボタンからログイン。
ログイン

ご利用方法については、下記に詳しく記載しておりますので、ご参照ください。


TESの使い方 =目次=

  1. 新規アカウントの作成
  2. ログイン
  3. 使用言語の変更(日⇔英)
  4. 仮想通貨Etherの送付(受信者がTESアカウント保持者の場合)
  5. 仮想通貨Etherの送付(受信者がTESアカウント不保持で、TESがEtherを一旦お預かりする場合)
  6. 仮想通貨Etherの送付(受信者がTESアカウント不保持で、TESがEtherをお預かりしない場合)
  7. ERC20トークンの送付(受信者がTESアカウント保持者の場合)
  8. ERC20トークンの送付(受信者がTESアカウント不保持の場合)
  9. ERC721トークンの送付(受信者がTESアカウント保持者の場合)
  10. ERC721トークンの送付(受信者がTESアカウント不保持の場合)
  11. 送付履歴の確認
  12. TESに預け入れたEtherの、送信者(預入者)による引き出し
  13. 受信履歴の確認
  14. TESカウント設定の変更

[TESの使い方 1]
新規アカウントの作成

(1)  MetaMaskの準備ができたら、以下のボタンからToken Express System (TES) にアクセスします。

新規アカウント作成

(2)  アクセスすると、自動的に以下のMetaMaskの画面が開きます。ご自身のパスワードを入力し、「ログイン」を押してください。

(3)  MetaMaskにログインすると開く画面で、右下の青いボタン「Connect」をクリックしてください。

(4)  同時に、Chromeの画面上にTESの新規アカウント登録画面が開きます。下表に記載の要領で必要事項を入力の上、「新規アカウント作成」ボタンをクリックしてください。

項目名 入力内容
Eメールアドレス TESに登録するEメールアドレスを入力してください。
(注:一度設定すると変更できません)
アカウント名 2文字以上50文字以内での英数字、記号で、お好きなアカウント名を入力してください。(いつでも変更できます。)
イーサリアム・アドレス 右にある「MetaMaskから読込」ボタンを押して下さい。
パスワード 大文字、小文字、数字、記号(!@#$%^&*(),.?“:{}|<>のいずれか)を含む半角10文字以上で入力してください。(いつでも変更できます。)
パスワード(確認用) 同じパスワードをもう一度入力して下さい。
合言葉 万が一パスワードを忘れたときのために設定します。英数字で忘れないものを設定してください。(いつでも変更できます。)

(5)  少し待つと、ご登録いただいたEメールアドレスに、「【トークンエクスプレス】仮登録のお知らせ(本登録をお願いします)」というタイトルの以下の内容のEメールが届きます。「Click Here To Verify Your Email」という青いボタンをクリックして下さい。

(6)  再びChrome上に、以下の画面が開けば、アカウント登録完了です。「ログイン」と書かれた部分をクリックして、登録したアカウントでログインしてください。

↑ TESの使い方 =目次= に戻る


[TESの使い方 2]
ログイン

(1)  ログインページにアクセスします。(以下のボタンからアクセスできます。)

ログイン

(2)  アクセスすると、自動的にMetaMaskの画面が開きます。ご自身のパスワードを入力し、「ログイン」を押してください。(すでにMetaMaskログイン済の場合にはこの手順はスキップします。)

(3)  MetaMaskにログインすると開く画面で、右下の青いボタン「Connect」をクリックしてください。(すでにMetaMaskログイン済の場合にはこの手順はスキップします。)

(4)  同時に、Chromeの画面上にTESのログイン画面が開きます。アカウント登録したEメールアドレスとパスワードを入力の上、「ログイン」ボタンをクリックしてください。

↑ TESの使い方 =目次= に戻る


[TESの使い方 3]
使用言語の変更(日⇔英)

(1)  TESへのログイン後、画面右上にあるTESアカウント名をクリックします。

(2)  現れるリストから、自分が使用したい言語を選択します。

↑ TESの使い方 =目次= に戻る


[TESの使い方 4]
仮想通貨Etherの送付(受信者がTESアカウント保持者の場合)

(1)  画面右側の「送付」ボタンをクリックします。

(2)  画面下部の「Etherの送付」タブをクリックします。

(3)  「送付先Eメールアドレス」欄にEtherの送付先のEメールアドレスを記入します。

もし「イーサリアム・アドレス」の欄にイーサリアム・アドレスが表示された場合には、送付先はTESアカウントを保持しています。EtherをTESから送付したら、すぐに相手に届きます。

(4)  「送付するEther量(半角数字)」欄、および「メッセージ」欄を入力したら、「送付」ボタンをクリックします。MetaMaskが自動で起動します。

(5)  MetaMask内の青い「確認」ボタンをクリックします。

(6)  Chromeの画面上に、「正常に送付されました」というダイアログが表示されます。

↑ TESの使い方 =目次= に戻る


[TESの使い方 5]
仮想通貨Etherの送付(受信者がTESアカウント不保持で、TESがEtherを一旦お預かりする場合)

仮想通貨Etherを送付する際、受信者がTESアカウントを持っていなかった場合、あなたには二つの選択肢があります。

  1. あなたが送付ボタンを一度押すだけで完結する方法(送付したいEtherをTESに一旦お預けいただき、受信者がTESアカウントを作成し次第、預かったEtherをTESから受信者に届ける方法。)
  2. 送付ボタンを2度押していただく方法(1度目の送付ボタンクリックで先方にあなたの送付意思をお伝えし、先方がTESアカウント作成し次第、あなたにEメールでご連絡します。その際、再度送付ボタンを押していただきます。)

本欄では、上記1. の方法をご案内します。

(1)  画面右側の「送付」ボタンをクリックします。

(2)  画面下部の「Etherの送付」タブをクリックします。

(3)  「送付先Eメールアドレス」欄にEtherの送付先のEメールアドレスを記入します。

[TESの使い方 4]の(3)と異なり「イーサリアム・アドレス」欄には何も表示されません。

(4)  「送付するEther量(半角数字)」欄、および「メッセージ」欄を入力したら、「送付」ボタンをクリックします。

(5)  下図のようなメッセージが出ますので、左下の「預ける」ボタンをクリックします。

(6)  MetaMaskが自動的に起動します。

(7)  MetaMask内の青い「確認」ボタンをクリックします。

(注)EtherをTESに預けていただく場合、TESから受信者にそのEtherを届けるときに必要となる"gas代"を予めいただきます。上記の例では、0.002Etherが、送付する0.5Etherとともに徴収されています。(あなた自身が預けたEtherを引き出す(送付をキャンセルする)ときにも、"gas代"はかかりますので、それにも用いられます。)

(8)  Chromeの画面上に「正常に送付されました」というダイアログが表示されます。

(9)  [受信者側] 受信者側は、以下の内容のEメールを受信します。(図をクリックすると拡大表示します。)

(10)  [送信者側] 受信者が上記(9)のEメールに従ってTESアカウントを作成し次第、TESは預かっているEther(この例の場合は0.5 Ether)を受信者に届けます。届き次第、送付者側は以下の内容のEメールを受信します。

↑ TESの使い方 =目次= に戻る


[TESの使い方 6]
仮想通貨Etherの送付(受信者がTESアカウント不保持で、TESがEtherをお預かりしない場合)

仮想通貨Etherを送付する際、受信者がTESアカウントを持っていなかった場合、あなたには二つの選択肢があります。

  1. あなたが送付ボタンを一度押すだけで完結する方法(送付したいEtherをTESに一旦お預けいただき、受信者がTESアカウントを作成し次第、預かったEtherをTESから受信者に届ける方法。)
  2. 送付ボタンを2度押していただく方法(1度目の送付ボタンクリックで先方にあなたの送付意思をお伝えし、先方がTESアカウント作成し次第、あなたにEメールでご連絡します。その際、再度送付ボタンを押していただきます。)

本欄では、上記2.の方法をご案内します。

(1)  画面右側の「送付」ボタンをクリックします。

(2)  画面下部の「Etherの送付」タブをクリックします。

(3)  「送付先Eメールアドレス」欄にEtherの送付先のEメールアドレスを記入します。

[TESの使い方 4]の(3)と異なり「イーサリアム・アドレス」欄には何も表示されません。

(4)  「送付するEther量(半角数字)」欄、および「メッセージ」欄を入力したら、「送付」ボタンをクリックします。

(5)  下図のようなメッセージが出ますので、真ん中の「送付先アカウントができたら連絡を受ける」ボタンをクリックします。

(6)  「成功しました」というメッセージが出ますので、「OK」をクリックしてください。

(7)  [受信者側]  受信者は以下の内容のEメールを受け取ります。(図をクリックすると拡大表示します。)

(8)  [送信者側]  受信者がTESアカウントを作成すると、以下の内容のEメールがあなたに届きます。

(9)  上記(8)のEメール上のURLリンクをクリックし、TESにアクセスのうえ、再度Ether送付手続きを行ってください。(参考:[TESの使い方 4] 仮想通貨Etherの送付(受信者がTESアカウント保持者の場合)

↑ TESの使い方 =目次= に戻る


[TESの使い方 7]
ERC20トークンの送付(受信者がTESアカウント保持者の場合)

(1)  画面右側の「送付」ボタンをクリックします。

(2)  画面下部の「ERC20の送付」タブをクリックします。

(3)  「送付先Eメールアドレス」欄にEtherの送付先のEメールアドレスを記入します。

もし「イーサリアム・アドレス」の欄にイーサリアム・アドレスが表示された場合には、送付先はTESアカウントを保持しています。ERC20をTESから送付したら、すぐに相手に届きます。

(4)  送付するERC20の種類を「トークン」欄から選択いただき、「数量」欄、および「メッセージ」欄を入力したら、「送付」ボタンをクリックします。MetaMaskが自動で起動します。

(5)  MetaMask内の青い「確認」ボタンをクリックします。(ERC20を送付する際には、ごく少量の仮想通貨Etherを、gas代として、イーサリアム・ネットワークに徴収されます。下記の例だと、0.000054Etherが徴収されています。)

(6)  Chromeの画面上に、「正常に送付されました」というダイアログが表示されます。

↑ TESの使い方 =目次= に戻る


[TESの使い方 8]
ERC20トークンの送付(受信者がTESアカウント不保持の場合)

ERC20を送付する際、受信者がTESアカウントを持っていなかった場合には、まず先方にTESアカウントを作成してもらうようTES経由で連絡を行います。受信者がアカウントを作成し次第、TESからあなたに連絡いたしますので、再度送付ボタンをクリックしてERC20を受信者に送付いただきます。

その手順は仮想通貨Etherの送付(受信者がTESアカウント不保持で、TESがEtherをお預かりしない場合)と同様ですので、[TESの使い方 6]に記載のやり方に従って操作してください。

↑ TESの使い方 =目次= に戻る


[TESの使い方 9]
ERC721トークンの送付(受信者がTESアカウント保持者の場合)

(1)  画面右側の「送付」ボタンをクリックします。

(2)  画面下部の「ERC721の送付」タブをクリックします。

(3)  「送付先Eメールアドレス」欄にEtherの送付先のEメールアドレスを記入します。

もし「イーサリアム・アドレス」の欄にイーサリアム・アドレスが表示された場合には、送付先はTESアカウントを保持しています。ERC721をTESから送付したら、すぐに相手に届きます。

(4)  送付するERC721の種類を「トークン」欄から選択し、対象のトークンIDを「トークンID」欄の左側に直接入力、または右側のリストから選択してください。次に「メッセージ」欄を入力したら、「送付」ボタンをクリックします。MetaMaskが自動で起動します。

(5)  MetaMask内の青い「確認」ボタンをクリックします。(ERC721を送付する際には、ごく少量の仮想通貨Etherを、gas代として、イーサリアム・ネットワークに徴収されます。下記の例だと、0.000188Etherが徴収されています。)

(6)  Chromeの画面上に、「正常に送付されました」というダイアログが表示されます。

↑ TESの使い方 =目次= に戻る


[TESの使い方 10]
ERC721トークンの送付(受信者がTESアカウント不保持の場合)

ERC721を送付する際、受信者がTESアカウントを持っていなかった場合には、まず先方にTESアカウントを作成してもらうようTES経由で連絡を行います。受信者がアカウントを作成し次第、TESからあなたに連絡いたしますので、再度送付ボタンをクリックしてERC721を受信者に送付いただきます。

その手順は仮想通貨Etherの送付(受信者がTESアカウント不保持で、TESがEtherをお預かりしない場合)と同様ですので、[TESの使い方 6]に記載のやり方に従って操作してください。

↑ TESの使い方 =目次= に戻る


[TESの使い方 11]
送付履歴の確認

(1)  画面右側の「送付」ボタンをクリックします。

(2)  画面下部の「送付履歴」タブをクリックすると、仮想通貨Ether、ERC20トークン、ERC721トークンの送付履歴を見ることができます。

(3)  [上級者向け]  各送付についてのさらに詳細な情報をご覧になりたい方は、画面右側にある「TXID」という列にあるURLリンクをクリックしてEtherscanからご確認ください。

↑ TESの使い方 =目次= に戻る


[TESの使い方 12]
TESに預け入れたEtherの、送信者(預入者)による引き出し

仮想通貨EtherをTESアカウント不保持者に送付するために、送信者がTESにEtherを預け入れた場合、その送信者(預入者)は、受信者がTESアカウントを作成してEtherを受け取る前であれば、以下の方法でTESから預け入れたEtherを引き出すことができます。

(1)  画面右側の「送付」ボタンをクリックします。

(2)  画面下部の「送付履歴」タブをクリックすると、仮想通貨Ether、ERC20トークン、ERC721トークンの送付履歴を見ることができます。

(3)  預け入れたEtherがまだTESに残っている取引(受信者がまだTESアカウントを作成していない取引)には、「アクション」列に「引き出し」というオレンジのボタンが表示されています。引き出したい場合には、このオレンジのボタンをクリックします。

(4)  「引き出し」ボタンを押すと、画面右上に小さな青いダイアログボックスで「保存しました」と表示されます。少し置くと、あなたのイーサリアム・アドレスに預け入れた金額(上記(2)の図の例の場合には0.5 Ether)が払い戻されます。

↑ TESの使い方 =目次= に戻る


[TESの使い方 13]
受信履歴の確認

(1)  画面右側の「受信」ボタンをクリックします。

(2)  表示される仮想通貨Ether、ERC20トークン、ERC721トークンの受信履歴をご確認ください。

↑ TESの使い方 =目次= に戻る


[TESの使い方 14]
TESカウント設定の変更

(1)  画面右側の「アカウント設定」ボタンをクリックします。

(2)  各設定項目の「変更」ボタンをクリックしてアカウント情報を変更します。「受取用イーサリアム・アドレス」の「変更」ボタンは、クリックするとその時TESと接続されているMetaMask上のイーサリアム・アドレスを自動で読み込まれ、反映されます。

↑ TESの使い方 =目次= に戻る